フォーマルスーツを買いにいったときのこと

以前、祖母が亡くなり葬儀用のフォーマルなスーツを買いに行ったときのことです。私は体が大きいのですが、とくに胸が大きく洋服選びに苦労します。巨乳というよりはいわゆる胸板が厚いタイプです。

フォーマルスーツの売り場で目に付いたセール品のコーナーで、ちょうど自分のサイズがあったので選びました。選んでいるとき、売り場の店員に声をかけられ「もっと大きいサイズのものは、あちらにございます」と、言われました。それも失礼かと思うのですが、とりあえず私は自分が選んだものを試着してみることにしました。店員さんは半信半疑という顔でしたが、試着してみると問題なく入りました。

その店員さんは、試着室から出て来た私を見て「胸が大きいから太って見えるのね」と、言いました。つまり、胸囲だけ見て大きなサイズの服しか着れない人という判断をされたということです。その日は寒い季節だったので、全身をすっぽり覆うようなコートを着用していたのも悪かったのかもしれません。

フォーマルスーツ売り場の店員さんは毎日何百人とお客さんの相手をしているはずなのに、私の体型を見抜けなかったみたいです。以来、大きいサイズの服でも必要以上に太って見えない着こなしを研究中です。

もし胸を大きくしたいと思っている方がいるならば、バストアップサプリを飲んでみるのも良いと思います。胸を大きくするにはやっぱり胸を大きくする為の栄養が足りていないからだと思うんです。だから、胸に良いバストアップサプリを飲むことで2サイズくらいは大きく出来ると思いますので、胸が小さくて悩んでいる方は試してみると良いと思います。

成長しない胸にコンプレックス

胸は成長するものだと思っていたのに思春期にも関わらず一切成長しませんでした。確実に遺伝も関係していると母と姉の胸を見てそのとき思いました。母も姉もブラジャーしなくてもいいくらいの小ぶりな胸です。Aカップでもあまるくらいです。

わたしは高校生になって初めてブラジャーデビューをしたのですがAカップに二重のパットを入れてちょうどよいくらいでしたね。二十歳くらいまではまだ望みをかけていたのですが牛乳や豆乳をたくさん摂取したり乳製品を積極的に摂取したのですが、まったく胸は成長しませんでした。寄せてあげても谷間はできませんし泳ぐのが好きだったのですが水着になるのが嫌で趣味だった水泳もしなくなったくらいです。

初めて出来た彼氏には最初は胸についてなにも言われなかったのですが、付き合いが長くなるにつれてここまで胸のない女の人には出会ったことがない、とふとしたときに言われてすごくショックを受けた記憶があります。服を着ているときはパットで誤魔化すことが出来るのですが水着や裸では誤魔化しようがないので、男性とお付き合いするのも胸が原因で躊躇するようになってしまったのです。せめて人並みくらいの大きさになりたいと今でも強く思っています。

左右の違い。

綺麗な形のハリのあるバストはとても魅力的ですよね。小さくても大きくても、バランスや形はとても大事だと思います。ですが私の胸は左右の大きさが違います。左がBカップで右がAカップです。

これが地味に困るんです。下着を選ぶときも、どっちに合わせればいいのかいつもわからなくなります。左に合わせると右がぶかぶかで、右に合わせると左が下着からもれてしまうのです。合う下着などなく、中途半端な合わないブラをしています。

辛かったのは水着です。下着は服の下ですから、目立ちませんよね。でも水着はそうもいきません。悩みぬいた挙句、右にパッドを増やすことにしました。そんな努力のおかげか、水着を着ているときは何事もなく終わったのですが、問題はその後です。プールのあとのシャワーにて、友人に言われました。「右ちっちゃいよ?」と。私はショックをうけました。いくら水着のパッドでごまかせていても、何も身につけないときはごまかせません。

やっぱり他人から見ても、右のほうが明らかに小さいってわかるんだ…ととてもはずかしい気持ちになりました。左右対称は大事です。顔だってどちらかに歪んだ顔は美しくないですよね。右胸だけマッサージなどはしているのですが、なかなか大きくなってはくれないのでした。

彼氏ができたら胸が大きくなると聞いていたのに!

私が胸の悩みを持ったのは学生時代です。好きだった人が胸が大きい人が好きだと聞いて、その日の内に失恋をした気分になりました。私の胸は本当に小さくて悲しくなるくらいでした。姉も妹も小さかった上に母も小さいです。ですから遺伝上は仕方がないと言うことも分かっていました。それでもバストアップできることを夢見ていました。

胸には人一倍コンプレックスがあって、私のことを貧乳だと言う男性はまとめて大嫌いになりました。必死で胸が大きくなれるような食べ物を食べたり、胸が大きくなる矯正下着を買ったり、いろいろと試してみました。でもどれをやっても思うように効果は出なかったです。

そして私は一縷の望みにかけました。彼氏ができると胸が大きくなると言う話を小耳にはさんで私は彼氏を作りました。彼は私のコンプレックスに気づいていろいろと気にしてくれました。私を傷つけないように気を付けてくれたと思います。でも彼と一緒にいてもやはり胸が大きくなることはなかったです。最後の望みだっただけに悲しくなりました。結局彼とは1年で破局して、益々胸に対するコンプレックスは加速しました。どうにかして胸が大きくなる方法を知りたいです。明らかに私よりも2カップぐらい大きなブラを買ってイメージトレーニングしています。いつかこれが着れるようになりたいと真剣に思っています。

ガリガリです・・・

社会人になってすぐごろ、ストレスで肌荒れと共に、ガリガリに痩せてしまいました。それ以降、一向に体系が戻らず、全般的にとても貧弱な体です。友人たちはふくよかな、女性らしい体つきなのに、自分ひとりが少年のようで悲しいです。

バストアップするような細かいカッティングの高価な下着をつけたりしたこともありましたがトップの位置が変わるだけで、大して見た目は変わりませんでした。それでも出産前までは、貧乳なりにきれいなバストラインでしたが、授乳後はバストの上部が削げ落ち、まるで病人のようです。夏場など、体のラインがでる季節になると本当に憂鬱です。

最近ショックだったのが、先日、温泉にいった後、小学生の娘に「ママはなんでそんなにおっぱいがないの?」と言われたことです。

「ほかの女の人は、若くても、おばあちゃんでもママよりおっぱい大きいよ、ママがかわってるんじゃない?」とのこと。

私の場合、全体的にものすごく痩せているので、「ママはガリガリだからだよ」とごまかしたのですがそのうち、痩せているだけでなく貧乳ということを見抜いてしまうのでしょう・・・あと、サイズのあう洋服がなかなかありません。ふつうサイズの洋服を着ると、どうしても胸まわりががばがばで、首筋や鎖骨が丸見えで、これまた病人のようです。ですので、デコルテラインのあく服は自分で手直しをしたり、ピンで留めてきています。

貧乳の悩み

私の胸の悩み、それはズバリ貧乳です!私の母も姉も小さいので遺伝なのかな?とは思い諦めていますが、本当にコンプレックスです。普段は背中やお腹の肉を限界まで矯正下着の中に入れて上げて寄せて…と努力をし、ごまかしていました。それでも皆から貧乳なのはバレていましたが。

学生の時の夏、友達たちと海に行くことになり水着を買いに行けば、胸のところがスカスカ。仕方ないので、私だけ水着とは別に上げ底用のパフを別に買い、夜なべして縫い付けていました。また、その後結婚するととなり、かわいいドレスを選びました。式場でキャンドルサービスをしているときに、スタッフの方が慌てた様子で私の所にやってきたので何だろうと思っていたら、胸がなさ過ぎてドレスの胸の部分がスカスカ状態になっており、各テーブルでお礼をしていた時にスカスカな部分から下着が丸見えだったとのこと。今思い出しても顔から火が出そうです。

それでも、妊娠すると胸のカップが2つ位UPする!と聞いていたので、とても楽しみにしていました。いざ妊娠して憧れのCカップ…いやこの際Bカップでもいいやっ!とワクワクしていたのですが、特にサイズアップすることなく現状維持のまま終わりました。それどころか授乳を終えた今、更にしぼんでいるような気がうっすらしています。友達には「垂れないからいいじゃない」と慰められていますが、そんな悩みをしてみたかったです。谷間とか本当に憧れです。

胸が小さいけど、大きく見られたくない

それは中学生の時でした。クラスに胸の大きい女子がいて、男子がそれをからかい始めました。体操の時間は走ったりするので大きく揺れるんです。それを見た男子は「牛みたい」などと言って、胸の大きさだけで気持ち悪がられていました。

当時は自分の事を言われたわけじゃないのに、まるで自分に言われたかのような気分になっていたんです。男子が女子の胸の大きさをからかう光景を見てしまってから、段々大きくなっていく自分の胸を見て「からかわれたくない」という気持ちを覚えて、恥ずかしくなってきました。

からかわれていた女子みたいな大きさはなくまだAカップ程度だったんですが、男子にからかわれないように大きさを誤魔化すようになりました。ブラをキツく締めたりして少しでも平らにして、膨らみを見られないようにしていた記憶があります。それから自分の胸の大きさがコンプレックスになってしまったんです。

今でもBカップしかないのに少しでも大きく見られたらと思うと嫌になり、特に男性の目線を気にしすぎて、猫背になって姿勢も悪くなっていきました。そして「猫背を直した方がいい」と色んな人に言われたのがきっかけで、コンプレックスと立ち向かう気持ちが芽生えてきました。胸を張って歩きたいです。

胸が大きい

わたしの胸についての悩みは、胸が大きいことです。こんなことを言っても誰にも共感してもらえませんし、悩んでいるなんて信じてもらえません。それでも、わたしは切実に悩んでいるのです。

わたしは同級生に比べて、身体の成長が早いほうでした。なので、小学校の高学年頃からすでにブラジャーを着けていました。そして、わたしの胸はどんどん成長をし続けて、大学生になる頃にはすでにFカップもありました。

そういう風に成長してきたので、学生の頃から、男子学生のどことなくいやな感じの視線に気づいていましたし、電車やバスの中で痴漢にあったりもしました。そういう嫌な経験をするのは、すべてわたしの胸が大きいからだと思いました。そして、わたしは自分の胸がどんどん嫌いになっていきました。

社会人になってからは、大きい胸を小さく見せるブラジャーを毎日つけて出勤しています。そして洋服を買いに行くときの洋服選びのポイントは、いかに胸を小さくみせられるか?です。どんなに気に入ったデザインの洋服があったとしても、まず試着をして、そして、もし胸の大きさが強調されるようならば、絶対に買いません。

また、襟ぐりが少しでも伸びたニットは、ふとしたひょうしに、胸がチラっと見えてしまう可能性があるので、すぐに処分します。胸が大きいせいで、下着代と洋服代にけっこうお金を使わなければいけません。普通のサイズの胸に憧れます。